乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の働き向上や健康促進には欠かしてはならない

ぱっと乳酸菌から思い出すのはカルピスと言えるでしょう。

 

 

 

小さかったころから、日々飲んでいました。

 

 

なんとなくというと乳酸菌が含有されているからです。毎朝私に、母親が出してくれました。

 

 

ですので、私は便秘になった事がありません。もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげでとても健康体になりました。

 

知っての通り、あとピーは大変にキツイ症状になります。

 

時節関係なしに1年中耐え難いかゆみとの闘いになります。夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、冬は乾燥でかゆみが増大します。また、アレルギーがあることも多く、誤って摂取してしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸困難になる怖れもあります。
夜中に高熱になって、40℃を超えるほど上がって健康を害したので、翌日病院で診察してもらいました。

 

 

インフルエンザの検査が実施できますよと確認なさいました。

 

私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んで貰えるので、確認したいと考えました。あとピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分が健康な状態の皮膚よりも少量になっていて、肌の水分を保つ力や守る役割が下がっています。補い健康状態にするには、保湿が最も大切です。

 

そのために、お肌の表面を保護して、水分が蒸発しないように保湿剤を塗ることが必要なのです。

 

 

 

腸内環境を整えていると美肌になると聞いて、オリゴ糖を毎日せっせと食べていたのですが、味噌や納豆なども乳酸菌を含む食べ物なんだ沿うです。「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないと思い込んでいました。

 

ちょっと恥ずかしかったです。

 

すごく、有名なのですが、乳酸菌を摂り込むと色んな効用があります。

 

たとえば、腸内にいる善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、お腹を良くしていきます。その結果に、免疫力がアップして、多数の健康効果を得ることが出来ます。

 

たとえば、あとピーに対しても改善効果があったり、インフルエンザといった感染症の予防にも効果を発揮します。乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いんです。だいたい1〜5歳くらいまでの幼児がインフルエンザ感染し、熱が出た後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状が出るのがインフルエンザ脳症というものになります。

 

インフルエンザ脳症というのは、命の危機に関わることもある重篤な疾患であり、治癒した後に後遺症が残ってしまう場合もあるのです。もし便秘になっても、薬を飲めばいとも簡単に、対策はできるとは思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、やはりまず最初に食生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を見直してみてちょーだい。たとえば食物繊維が多くふくまれた食品を摂るのは効果的で、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。
野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってちょーだい。乳酸菌シロタ株イコール、ヤクルトでしょう。昔、白血病になり闘病した経験のある渡辺謙さんのコマーシャルでもご存知かと思います。見事白血病に打ち勝ち、ハリウッドで引く手沢山の渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、効果が高沿うな期待がもてます。
オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分としてクローズアップされています。事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の動きが活発になり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、内臓環境を整調してくれます。
乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の働き向上や健康促進には欠かしてはならない重要な成分であります。うんちがでなくなると、健康に必要ないものが体から出ないため、口が臭くなります。どれだけ食事のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口臭は腸から胃を通過して不要なものを排出しようとし、口臭として現れるのです。この場合、便がでるようになると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。
普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌が有効です。

 

 

屁の臭いの元は腸内にある悪玉菌によるものだとされています。ということで、腸内の中の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を防止する働きのある乳酸菌を摂り続けることによりおならの臭いを相当、減らせます。私の子供があとピーであると診断されたのは、2歳になったばかりの頃でした。足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。

 

実際、2年間ずっとステロイドを続けてみて、気をつけて様子を見ていたのですが、かゆみを繰り返し起こし、ぜんぜん良くなりません。結局、ステロイド剤を漢方薬に変えて食事を見直してみたら、小学徒になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。インフルエンザに感染したことがわかると学校に出席することが5日間できなくなります。
インフルエンザに感染したとしても、2、3日で発熱は治まるので、登校する意欲がわいてしまうかも知れません。

 

平熱に戻っても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつしてしまう危険性があります。なので、出席停止の間はを家にいることが感染を防ぐのに必要なことです。

 

 

便秘にいい食物を毎日食しています。それはバナナにオリゴ糖です。毎朝食しています。食しているうちに、便秘がましになってきました。

 

あのようにも頑固で、ひどかった便秘が治って便秘薬(腹痛、筋力や血圧の低下などの副作用が起こることもあります)を飲向ことも終えました。

 

今ではポコッとしたお腹も、痩せてきていて嬉しいです。